WEFデジタル成長プロジェクトに参加依頼(5/2)

世界経済フォーラムは、カンボジアのデジタル開発と電子決済を促進するためにAsean全体のプログラムへの参加を要求しました。

Pan Sorasak氏との会談中に、WEFのアジア太平洋地域担当理事で執行委員会の委員であるJustin Wood商務大臣は、このプログラムを成功させるためにはカンボジアの協力が必要であると述べました。

Wood氏は「世界経済フォーラムによって開始されたDigital AseanEペイメントプログラムは、重要な意見を提供することができるのでカンボジアの参加を必要としています。」と昨日発表されたミニストリー声明で述べていると引用されました。

会議中、Sorasak大臣は、インダストリー4.0で貿易とビジネスを円滑にするためにテクノロジーが果たす重要な役割を強調しました。

プレスリリースによれば、「省はこのプロジェクトを支援している。」とSorasak氏は述べています。 「カンボジア政府はインダストリー4.0に沿って、国のデジタル経済への転換を促進し、公共サービスの説明責任と透明性を高め、持続可能な経済成長を実現するよう努力しています。」

3月のデジタル経済に関するワークショップで、Aun Pornmoniroth経済大臣は、「同国のデジタル機能はまだ初期段階にあり、カンボジアは今後5年間でデジタル経済の柱を築く必要があるかもしれません。おそらくさらに510年間かけてそのデジタル経済を成長させ、技術主導の市場を目指していくだろう。」と述べています。

また、「私たちのビジョンは、国内の中小企業の両方がグローバルなバリューチェーンにつながることを可能にする堅牢なデジタル環境を作り出すことです。」と彼は付け加えました。

さらに、3月に政府は、同国のハイテクスタートアップシーンを強化するために年間500万ドルの基金を創設することを発表しました。

Hun Sen首相は、「起業資金は、資金調達、技術的専門知識、マーケティング、生産、トレーニングの面でスタートアップを支援するために、年間500万ドルで創設される。」と述べました。

先月、若い起業家を支援し、カンボジアをデジタル経済に変える政府の計画を支援するために、Techo Startup Centerが立ち上げられました。

このセンターは、国​​を代表する高等教育機関の1つである王立プノンペン大学内にあり、デジタル時代の技術起業家として学生が成功するために必要なスキルに焦点を当てています。

 

出典:クメール・タイムズ