Tonle Sap川でボート事故、1人死亡(1月22日)

Tonle Sap川でボート事故、1人死亡(1月22日)

先週末、Pursat州Kandieng地区のTonle Sap川でボート事故があり、1人の少女が死亡、また別の少女が負傷しました。
地区警察署長のLiv Seng Him氏は昨日、死亡したのは11歳のNy Thearyさんで、負傷したのは彼女の姉で14歳のNy Kuntheaさんだと発表しました。
彼はまた、彼女たちの船に追突したのはRaing Tilに住む、ベトナム国籍のNguyen Yangchong氏だと発表しました。
Seng Him氏は、事故は土曜日の午後7時ごろに起こったと述べました。2人の女の子は家のボートを勝手に使って北に向かい、魚を運ぶのに自分のボートを使っていたNguyen氏と正面衝突したといいます。
「被害者はまだ子どもです。彼女たちはボートの運転中に訳が分からなくなり、水路を逆走して衝突したに違いありません。亡くなった子はボートの先頭に座っていました。衝突の際に頭を打ち、ボートから落ちてしまったのです。」
彼はまた、「近くで見ていた人たちが彼女を助け出しましたが、残念ながら病院に行く途中で死亡しました。」と述べました。
Thearyさんの遺体は葬儀のために家族へ引き渡された一方で、警察は引き続き事故の調査を続けており、また船の所有者は被害者の家族と会い、賠償を申し出たといいます。
8月には、Siem Reap州とKampong Thom州で2人の男性がボートの衝突によって死亡しています。

出典:Khmer Times