Sovannara氏がカンボジアへの帰還を計画(5/15)

元CNRP職員のMeach Sovannara氏は昨日、元党首のKem Sokha氏を訪問して現在の政治状況の解決策を模索するためにカンボジアに戻ると述べました。

アメリカとカンボジアの二重の市民であるSovannara氏は、6月17日にカンボジアに到着する予定で、彼に敬意を払い支持を表明するためにSokha氏に会うことを要求するでしょう。

Sovannara氏は「私は一般の市民としてカンボジアに戻ります。政府に対するカラー革命として認識されている違法な運動に関与していなかったので、私が逮捕される心配はしていません。私はただSokha氏に会い、彼の政治的解決策を見つけるよう彼に勧めたいです。」と述べています。

Sovannara氏は、2014年のFreedom Parkでの抗議により20年の刑を宣告された後、8月に王室の恩赦を受けて刑務所から釈放されました。

彼は、与党CPPと元野党CNRPの両方のカンボジア指導者たちが貿易侮辱ではなく、すぐに国民に利益をもたらす政治的解決策を思い付くであろうと考えています。

「国際社会からの圧力があり、政府が国民に影響を与えないようにすることを確信しています。その為に政治的解決は私たちの国のために絶対必要です。」とSovannara氏は述べました。

同氏は「私は名誉と尊厳をもって政治に戻り、現在の政治的緊張を解き放つための代替解決案を模索したい。」と彼は付け加えました。

法務省のスポークスマンのChin Malin氏は昨日、裁判所の監督下で現在救済措置を取っているSokha氏に相談するよう要求することができると述べたが、最終的な決定は裁判官にかかっており「事件はまだ調査中であるため、裁判官はSokha氏に面会可能であるかを検討し決定する。」と彼は述べています。

Sokha氏の弁護士、Chan Chen氏は昨日調査が長すぎるため、彼は海外での治療を必要としていると述べ、4人の弁護士のチームが裁判官に訴訟を要求しました。

裁判官は「過去1年間に数人の証人を召集してきましたが、起訴に関する新たな証拠はありません。」と述べています。

出典:クメール・タイムズ