Serey Sopharn – Pursat間鉄道が開通(5月30日)

Serey Sopharn – Pursat間鉄道が開通(5月30日)

Battambang州からPursatへの鉄道の延長が、今日、人々と貨物の輸送を改善する予定と、交通省は述べました。

PoipetとSerey Sophornを結ぶ鉄道の最初の区間が先月開通しました。

Banteay Meanchey州のSerey SophornとBattambngをつなぐ路線は、西部鉄道線の一部で65キロメートルあります。BattambangとPursatの区間は107キロメートルです。

大臣は、日曜日に新区間開通を発表し、人々がBanteay MeancheyからPursatへ直接列車で行くことができるようになったと述べています。

Banteay Meanchey輸送部のKim Sovan氏は、次のように述べています。「人々は、ポイぺト市のBanteay Meanchey州のPoipetからPursatへ、7月末までは無料で乗車することができます。」

Sovan氏は、新しい線路に関する詳細な情報はなく、交通省の管轄下にあると述べています。

国家予算から資金提供されているこの列車は、公共交通や物資の移動を促進するのに役立つだろうとVar Sim Soryaの広報担当者は語っています。

「鉄道プロジェクトはアジア開発銀行の資金提供を前提としていましたが、プロジェクトには資金が不足したため、政府がプロジェクトに参加して資金を調達しました。」と彼は話しました。

ただ、彼は政府の投資金額は正確に把握してませんでした。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。