Prak Sokhonn外務大臣ベルギーで、共通の利益について議論(1月22日)

Prak Sokhonn外務大臣ベルギーで、共通の利益について議論(1月22日)

今週、ベルギーでASEANとEUの閣僚会議で、Prak Sokhonn外務大臣とその代表団がヨーロッパの閣僚と会談し、共通の利益について議論する予定です。
Facebookにて外務省は昨日、Sokhonn氏がEUの同僚と会談する予定だと述べましたが、詳細は明らかにしませんでした。同省は、Sokhonn氏もスペインのMP Antonio Lopez-Isturiz氏と会談すると付け加えました。
同省の代弁者、Ket Sophann氏は、Sokhonn氏が、カンボジアの民主主義の地位について話し合うために、政治的な空間と労働の権利を確保するために講じた措置を含め、欧州連合欧州委員会委員長のCecilia Malmström氏と協議すると述べました。

1977年にEUが最初にASEANの対談パートナーとなり、両地域の関与はその後かなり高まっている、と同省は述べました。
同省は、「何十年にもわたるパートナーシップが、両地域の将来の方向性のため強力かつ強固な基盤を形成する多くの協定に調印しました。」と述べま
した。

Sokhonn氏のベルギーへの渡航は、ASEAN外相大臣黙想会に出席したわずか数日後の先週木曜日と金曜日に実施されました。
第33回ASEAN サミットやその他の地域会議の後退確認が行われました。

日曜日に、同省は後退についての声明を発表し、ASEAN閣僚は「実りある議論」を行ったと述べました。
「彼の閣僚Prak Sokhonn氏は、ASEANの中心性と団結の強化に貢献する主導権への彼の歓迎を表明しました」と言いました。「彼は、ASEANは平和と共通の利益のために、より多くのコミュニティ構築に対し、努力を生み出す方法を見つけるべきであると指摘しました。」
Asean Community Vision 2025と国連2030持続可能な開発のための議題に関して、同省は、Sokhonn氏は、ASEAN加盟国による共同の努力に頼る「回復力」を見たと述べました。
Sokhonn氏は、今年ASEAN持続可能な開発研究と対談のため、カンボジアの主導権に対する支持を改めて表明しました。
「彼はセンターが、新しく大胆なアイデアを探求するために他の国や地域のシンクタンクに手を差し伸べてくれる希望を表明しました。」と述べたました。

出典:Khmer Times