Pi Payがカンボジアの新しい支払い革命をリード(3/19)

Pi Payがカンボジアの新しい支払い革命をリード(3/19)

カンボジアのモバイル決済アプリPi Payは2017年半ばにサービスが発表されて以来、大きな進歩を見せており、取引総額は1億7000万ドル、取引総数は750万に達すると、同社CEOは月曜日に述べました。

Pi PayのCEO Tomas Pokorny氏は月曜日、Pi Payアプリは2017年半ばに配信開始されて以来、400,000ダウンロード近くになっていると述べました。彼は、このアプリには現在25万人以上のアクティブユーザーがいると付け加えました。

チェコの幹部は、「モバイル決済プラットフォームの利用は引き続き増加傾向にある」と述べました。 「キャッシュレスの支払いと振替の利便性がよく理解されている。近い将来、キャッシュレス支払いは主要都市部以外でも広く使用されるようになるでしょう。」

金融改革

カンボジアは現在現金支払いの社会ですが、モバイル決済プラットフォームは急速に勢いを増しており、金融改革を促進するための新しいチャネルを提供しています。

Pokorny氏は、カンボジアとそのデジタルに精通した若い人口は、Pi Payのようなアプリケーションで、古い技術を飛躍的に進歩させ、21世紀にカンボジアを引き上げる絶好の機会であると述べました。

同氏によると、Pi Payは、街中の露店から国際的なブランドに至るまで、世界中の何千もの加盟店で使用できるほか、公共料金の支払いやイベントの予約にもアプリを通じて直接使用できます。
このアプリは、いくつかのカンボジアの金融機関、そして中国のAlipayやWeChat Payと提携しています。

「AlipayとWeChatとの提携により、Pi Payは、主に中国からの訪問者も使用できるようになりました」とPokorny氏は述べました。

日曜日に、Pi Payは韓国のKB Kookmin Bankと提携契約を結び、銀行のLiivデジタルプラットフォームをPi Payに接続し、Pi Payのローカル小売ネットワークに参加できるようにしました。カンボジアにはKBのLiivのユーザーが76,000人います。

同行のグローバルビジネス担当マネージングディレクター、チェ・チャンス(Chai Chang-su)は、次のように述べています。「KB Kookmin BankのLiivは、東南アジアのさまざまなマーケットリーダーとの提携をさらに推進します。

出典: Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。