Kratie州 ライスワイン製造者が告訴される(10月23日)

Kratie州 ライスワイン製造者が告訴される(10月23日)

 

Kratie州立裁判所は昨日、Sambo地区で89人の村民が被害を被り、うち5人が被害を死亡したと発表しました。

Eng Chamnab判事は、被告人をKuch Sok Heng氏(31)と特定して逮捕しました。彼は木曜日に逮捕され、故意でない殺人事件として告発されました。

判事は、「彼は起訴され、裁判中に刑務所に送られた」と述べていました。

Hoeu Siyem州知事は昨日、地区の病院とプノンペンのカルメット病院に、89人の村民が搬送されたと述べました。

「84人の村民はすぐに回復し、医師により帰宅を許可された」と知事は指摘する。

彼は「地方自治体、保健省の緊急対応チーム等の調査では、村民たちは米酒のメタノールによって症状を発症していることが分かった。州政府はライスワインの製造・流通を禁止することで対応している。尚、犠牲者はBoeng Cha氏・Koh Khnhe氏・Sambo氏である」と述べています。

Kratie州保健局のChhneang Sovutha氏は昨日、酒を飲んだ人のメタノール摂取量が高いため、中毒に陥ったり死亡してしまったことを確認しました。

「彼らは酒を少ししか飲まなかったが、5人が死亡し、約100人が病気になった。彼らが飲んだライスワインには多量のメタノールが含まれていた。」とSovutha氏はコメントしています。

Sovutha氏は村人に、特に儀式や祭り事の際にはワインを飲むのは控えるよう注意しました。

「儀式やゲスト歓迎のためにワインをたくさん飲む習慣を変えてほしい。あまりにも多くの酒類やその他のアルコールを飲むことの危険性について村民にアドバイスした」とSovutha氏は述べました。

7月、同州のライスワインによるメタノール中毒により、3人が死亡し62人が入院しました。

5月には、Kratie州のChetr Borei地区の13人の村落者も、メタノールが多く含まれた米酒の摂取で死亡しました。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。