Kratie州の汚水による死者、13名まで増加(5月7日)

Kratie州のChetr Boeri地区で汚水を飲んで死亡した村人たちの死者は13人に増え、200人以上が入院したといます。

Kantuotコミューンの警察署長のPhon Phea氏は、これまでに13人の村人が死亡し、214人の病気の人々が州の病院で治療を受けていると述べました。

「今朝、私たちは30人以上を病院に送りました。私たちは彼らを見守るために村に滞在していました。村人がPrek Ter運河の水を飲んだり、お風呂に使用することを禁止しました。」

彼は、当局が配給する清潔な水を使用することを命じたと語りました。

「消防車が毎日清潔な水を与えて村人に毎日配給している」と話した。また犠牲者の一部はライスワインで毒に侵されたかもしれません。

保健省はライスワインを飲んで死亡した疑いがあるとの声明を発表しました。なぜならば、犠牲者の多くが酒をたくさん飲んでいたためです。

「調査チームは、引き続き調査を継続し、今回の事件の原因を救命する」と語りました。

「ライスワインに関する国立研究所の結果は、村人たちが飲んだワインには、中毒を引き起こす高濃度のメタノールが含まれていることが判明しましたが、水試験の結果はまだ出てきてこず、明日に発表されるでしょう。」と述べました。

健康大臣のMam Bun Heng氏は清潔な水を飲み、衛生的な食べ物を食べ、メタノールで生産されたライスワインを飲まないように、生活に注意を払うよう、Kratie州のすべての人々、そして全国に訴えました。

当局はすべての生産者に米酒を作ることを禁止しました。消防車2台が清潔な水を輸送して毎日村に配給していると付け加えました。

彼は、犠牲者は呼吸困難、疲労、喉の痛み、めまい、嘔吐、腹痛などの症状を患わっていると述べました。