Kep州の国際観光港の改修(5/8)

Kep州の国際観光港の改修は約30%完了しており、建設は年末までに完了する予定であると、Ken Satha州知事木曜日にポストに語りました。

100万ドルの改修は順調に進んでいると彼は語りました。「この港は、地元の人々の生活を充実させるうえで重要な役割を果たし、Kep州を訪問したい近隣諸国やカンボジアからの観光客を呼び込み、シーフードの販売をさらに促進することができると思います。」

「私たちは現在、ベトナムやタイなどの近隣諸国から200〜300人の乗客を乗せた近代的な船が埠頭によることのできる標準的な観光港を建設中です。」とSatha氏は述べています。

彼は、この港は、1990年代初頭に地域の人々だけにサービスを提供するため、政府によって建設されたと述べた。

彼はまた、港が修復されることにより、州当局は、島や海岸沿いなど、多くの観光地域でインフラと施設を開発するための基本計画に取り組むため、観光客が急増するだろうと述べました。

公共事業省の運輸局長であるMam Touch氏は、Koh Tonsay島( Rabbit島とも呼ばれる)からChhak Kep湾の向こう側にある港は3,400平方メートルであり、公共事業省によって改修されたと語りました。

カンボジア旅行代理店協会会長のChhay Sivlinは、この州は美しいビーチとマングローブ林のある美しい環境だけでなく、新鮮なシーフードも提供していると述べました。

彼女は、海でのツアーを企画することができれば、この港を観光地として宣伝することになるだろうと語りました。

王国内および世界中で観光客の数が減少するにつれて、観光省は魅力を強化するための新しい政策を準備し続け、特に観光関連サービスの価格を引き下げています。

火曜日に、Satha州知事は閣僚理事会の記者会見で、州の海岸に沿って7 kmの道路が建設中であり、他の州に繋がり、最終的にはタイからベトナムまで伸びると語りました。

彼は州の海岸道路が政府の予算を使用して今年完成するであろうと言いました。現在、40%が完了しており、残りの部分を完了するために州がアジア開発銀行(ADB)から融資を受けることを考えています。

「この道は、基礎であるセメントの建設から始まりました。我々は、プロジェクトに関してADBおよび公共事業運輸省と協力し、 Kampot州のPrek Chakの国境通過のため継続します。」とSathaは述べました。

彼は道路建設がHun Sen首相によって始められたと言いました道路はビーチに沿って建設され、幅18mです。Prek Chakからベトナム国境まで伸びます。

Kep州の公共事業省と運輸局の局長であるMam Touchは、ポストに、Kepの海岸道路の全長は14kmであると語りました。言及された7kmは地元の通勤者向けであると彼は言った。

「Rabbit島からKon Beachまで伸びるのは、この州で最初の道路です。」とTouch氏は語ります。しかし、彼はそれを構築するためのコストを知らなかったと述べました。

Kep州の政府の進捗報告によると、沿岸部は昨年1,747,622人の観光客を迎えたと言います。Covid-19の発生以前は、今年は200万人の観光客を受け入れると予測されていました。

(出典:The Phnom Penh Post)