HIVウイルスを蔓延させた医者の裁判の延期が決定(8月8日)

HIVウイルスを蔓延させた医者の裁判の延期が決定(8月8日)

最高裁判所は、2014年にBattambang州のRoka Communeの約300人の村人にHIVを蔓延させ、25年間刑務所に収容されている無免許の医師であるYem Chrin氏の上告審を無期限に延期させることを決めました。

Battambang州からプノンペン市まで来た3人の犠牲者は、この時間のかかる決定に失望しました。

首相府のSoeno Panhavuth裁判長は、昨日、被告の法的要請に応じて審理が遅れたとし、「Yem Chirin氏は自分で弁護士を探す許可を求めている。この上告は遅れる」と述べました。

裁判官のMouv Monychotは、昨日、上告審が無期限に延期されることを確認し、「彼が延期を求めたのは初めてのことだ。弁護士を探す必要がある」と述べました。

Roka Communeの2つの村の300人近くの住民が2014年11月から2016年までエイズの原因となるウイルスの陽性反応を示しました。

この事件の調査では、1990年代初めからRoka CommuneでChirin氏が、注射針などを再利用して患者に使用していたことが原因となったことが判明しました。

2015年12月、同氏は、免許を取らずに薬を出し、意図的にHIVを満映させ、死に至る残虐行為をおこなったことで懲役25年の有罪判決を受けました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。