Grab、ドライバーに配慮(7/9)

Grab、ドライバーに配慮

配車アプリ運営企業Grabは昨日、ドライバーからの顧客との取引に対する懸念を強調する請願書の提出を受けて、ドライバーのサービス料を3%引き下げました。

そこで、ドライバーである38歳のVanara氏は、Grab社と1年以上仕事をしてきたと語り、最近ではあまりにも多くのプロモーションを顧客に提供し、収入が減ってきていると語りました。

 

Vanara氏は、ドライバーも会社に最低運賃を1キロメートルあたり約0.30ドルに保ち、運転手のサービス料金を現在の15パーセントの料金から13パーセントに引き下げるよう求めたと述べました。

 

彼らの要求は先週200人以上のPassAppドライバーによる抗議行動に続いて、最低料金を0.30ドルから0.25ドルに引き下げる競合他社の計画に反したもので、ドライバーは彼らの生活に影響を与えると述べた。PassAppのドライバーはまた同社に、運転手のサービス料を15%から12%に引き下げるよう求めました。

 

Vanara氏は、Grabがドライバーに通知することなく多数のプロモーションを配布していると述べました。

「顧客に提供するプロモーションは、運賃を非常に安くするため、ドライバーに影響を与えます。ドライバーが近年20ドルから30ドルまで稼ぐことができましたが、今では10ドルから15ドルの間でしか稼ぐことができません。」とVanara氏は述べました。

 

「競合他社が多いことはわかっていますが、企業は価格を引き下げないことをお勧めします。これはドライバーに影響を与えます。」とVanara氏は述べています。

 

カンボジアのGrabのカントリーヘッドを務めるRon Wong氏は、昨日ドライバーと会談し、懸念を話し合い、ドライバーのサービス料を15から12パーセントに引き下げることに合意したと述べました。

「私たちのプロモーションは、顧客が私たちのサービスアプリを試すことを奨励することであり、それは私たちのドライバーのためにもっと多くの仕事を生み出すためです。7月には、サービス料金を15から12パーセントに引き下げることをドライバーと合意しました。」

 

もう1人のドライバー、Pheak Tra氏(36歳)は、昨日請願書を提出しました。Grab運転手のグループが、懸念を表明した600人のドライバーを代表すると述べました。

「ドライバー達は抗議したくありませんでしたが、他のドライバーの声への心配から、もう遅れることができませんでした。もう我慢できませんでした。私たちは以前と同じように利益を得ることができるように解決策を見つけるため、私たちの懸念を会社に表明しなければなりませんでした。」とTra氏は言いました。

※出典:Khmer Times