DJ、100個以上の快楽麻薬を役員に販売(1月18日)

DJ、100個以上の快楽麻薬を役員に販売(1月18日)

昨日、プノンペン市裁判所は100個以上の快楽麻薬を首都の覆面警官に売却したとされているをDJを裁判にかけました。
Im Vannak裁判官は、被告人をChamkar Mon地区のRock Entertainment CenterのDJであるThach Serey Pheap氏25歳と認定しました。

彼は昨年6月11日にPheap氏が逮捕され麻薬密売で起訴されたと述べました。有罪判決を受けた場合、最高5年間の懲役を課せられます。
Vannak裁判官は、6月11日の午後9時30分ごろ、Tonle Basac区のRock Entertainment Centerの前で、1,000ドル相当の麻薬の大包を覆面警官に売却したと述べました。

「彼はRock Entertainment Centerの前で覆面警官に薬を売った後に逮捕されました。彼の逮捕の後、警察は彼から100以上の快楽麻薬を押収しました。」と彼は言いました。

昨日の裁判で、 Pheap氏は犯罪を犯したと認め、彼から押収された麻薬は「Ing」という名前の男性が関連していると言いました。
彼は、逮捕の夜に、正体不明の人に荷物を配達するために、Rock Entertainment Centerの常連客であるIng氏から約25ドルが提供されたと述べました。

Pheap氏は、彼が逮捕されたとき、近くでバイクを待っていたIng氏は現場から逃げて連絡が取れなかったと述べました。
「今回は、私は麻薬を秘密警察官に届けるために持ってきたことを認めます。しかし、彼らは逃亡中のIng氏の仲間でした。Ing氏は仕事のために10万リエルを支払うことを約束しましたが、彼が逃げたので私はその支払いを受け取りませんでした。」と彼は裁判所に言いました。

Pheap氏はまた、彼が麻薬常用者であることと、彼がセンターでDJとして働いていた2017年に麻薬を使い始めたことを告白しました。
「私は毎晩真夜中過ぎまで働いていたので、最初は眠気を晴らすために薬を使いました。しかし、私はそれが癖になり、中毒になりました。」と彼は述べました。

その後、Pheap氏は裁判所に彼に軽い判決を下すように要求しました。
副検察官のTop Chhunlong氏は、検察官と警察は本人の身元や居場所を知らなかったため、Ing氏という人物は起訴できないと述べました。
「Ing氏は偽名だったので、検察官は彼を起訴することができませんでした。しかし、その証拠に基づいて、私は裁判所に、法律に従って被告人を罰するよう強く要請します。」と彼は語りました。
判決は2月15日の予定です。
出展:Khmer Times