COVIN-19の最後の患者、無事退院(5/18)

Hun Sen首相は、カンボジアに患者がいなくても、Covid-19の流行に警戒を怠らないよう国民に呼びかけました。

最後の感染者であった女性は土曜日にクメール・ソビエト友好病院から退院しました。

Hun Senは日曜日に36歳の女性(122人の患者のうちの1人)を称賛しました。保健省は彼女が回復し、2回の検査でCovid-19が陰性となった後に退院したと発表しました。

しかし、カンボジアには新しい症例がなかったとしても、人々は定期的な衛生管理を行い、フェイスマスクを着用し、石鹸またはジェルで手を洗う必要があると述べました。彼らはお互いに距離を保ち続け、可能な限り家にいる必要があります。

「この病気を治療する薬はまだありません。私はCovid-19に対して一緒に戦ってくれた皆に感謝したい。」と彼は言いました。

保健省はまた、先月、カンボジアは新たな症例を確認しておらず、すべての患者が100%回復したと発表しました。

それでも、カンボジアは感染症の第2波を防ぐために、特にCovid-19の流入を回避するために取り組むべき作業があると発表しました。

保健省のMam Bun Heng 大臣は、土曜日に女性を称賛するとき、カンボジアはCovid-19の流入を防ぐことに集中しなければならないと言いました。

彼はまた、海外からの多くの人々が他国、特にタイから戻ってきたと言いました。

「私達はこれにより病気が流入する恐れがあると思います。したがって、国境に沿って注意する必要があり、空港と港を監視および検査する必要があります。」

「政府は国境沿いやさまざまな空港にチェックポイントを設置しています。海外の兄弟姉妹は、Covid-19がないことを確認する書類を持っている必要があり、その後入国できます。」

「入国するときは、14日間の検疫を受ける必要があります。」とBun Heng氏は語りました。

Banteay Meanchey 州保健局長のKeo Sopheaktraは日曜日にポストに、最後に回復した女性は引き続きポイペト町の病院で隔離され、今月末に3回目の陰性検査を待ってから、家族との通常の再会を許可されると語りました。

彼女は、回復したと宣言される前に、1ヶ月以上治療されていました。

(出典:The Phnom Phen Post)