ASEANの国々の観光の行方【コロナウイルス関連】(5/1)

水曜日のASEAN観光大臣は、Covid-19の間瀬の拡大を受けて、旅行と観光事業を停止させた後、観光業が直面する課題を克服するための調整メカニズムを強化する緊急の必要性を認識しました。

彼らは、パンデミックが高い失業率をもたらし、ASEANの多くのコミュニティの生活に悪影響を与えたと述べました。

閣僚らは、Thong Khon観光大臣が率いるカンボジア主催のテレビ会議を通して特別会議に招集されました。

目標は、観光業へのCovid-19の影響を軽減するための解決策を見つけ、共同で協力して回復政策を行い、観光を後押しすることを将来の目標に設定することでした。

共同声明では、次のように述べられています。「発生の影響を緩和するために統一しているさまざまなASEAN政府機関を通じて個別におよび集合的に実施された取り組みに励まされています。

「私たちは、ホスピタリティと観光関連業界、ASEAN加盟国の目的地と施設の労働者とコミュニティを保護するための安全で健康的な職場環境のための明確な基準とガイドラインの開発を含む、東南アジアへの国内および海外の訪問者の間の信頼を強化するための明確なポリシーと対策を実施することに同意します。」

また、観光大臣は、ASEANの対話パートナー、国際機関、業界の利害関係者と引き続き協力し、危機発生後の持続可能性と包摂性を備えた観光を効果的に実施および管理するための弾力性のある東南アジアを構築することにも同意しました。

「私たちは、公衆衛生を守るための取り組みを損なうことなく、Covid-19後の危機復旧計画の策定と実施をサポートすることに同意します。」

「私たちは、特にデジタルテクノロジーの使用を通じて、観光セクターを刺激する創造的で革新的なソリューションを模索することに同意し、ASEANを単一の観光地として前進させるための最高のマーケティング活動と共同観光プロモーションプログラムを確実に行います。」と声明を続けました。

ASEANの観光大臣は、Covid-19の防止のための最善の策と各加盟国への影響に関する経験、ならびに初期の回復段階と危機後の回復計画における観光を救うための戦略計画と行動について共有しました。 観光省Facebookに掲載しました。

カンボジアでは、2,865の観光事業が停止または閉鎖され、46,369人の従業員が影響を受け、96人のツアーガイドが免許を一時停止したと、フレッシュニュースは水曜日の記者会見でKhon氏に語りました。

3月の第2週には、カンボジア国内の外国人観光客と19万人以上の観光客がカンボジアのリゾート地と観光地を巡り続けたと、先月フレッシュニュースに語りました。

彼らは毎日、特に週末には、家族連れで、小グループで、そして個人で観光地に旅行を続けています。

特に、若者は通常どおり、エコツーリズムやアドベンチャー観光サイト、沿岸の島々、その他の場所を訪れ続けています。

(出典:The Phnom Phen Post)