AIDS対策機関 訓練プログラムを計画(11月16日)

AIDS対策機関 訓練プログラムを計画(11月16日)

 

エイズ・ヘルスケア財団との協力の元、全米エイズ機関(NAA)は、2020年から2025年までの5年間の戦略的計画を通じて、AIDSに関する教育を提供し、HIV感染者の治療法を改善する意向です。

NAAのTeng Kunthy事務総長は、カンボジアを含む42カ国で100万人のHIV感染者を救済するエイズ・ヘルスケア財団の成果を祝う式典の最中にこのプロジェクトを発表しました。

同氏は、5年間のプログラムには、治療を改善するための継続的な努力に加えて、HIV感染者の支援も含まれると指摘しました。

また、「カンボジアの赤十字社長の、バン・ラニィ氏の慈善活動を助け、HIVとともに生活する人々の生活を向上させる事に引き続き取り組む。患者に幸せをもたらすには、協力しなければならない。家計がそれほど良くない患者は、栄養不足や経済的に治療を受けられず、病状が悪化することがわかっている。生計を立てるためのスキルを教えることで、治療を受けるための代金を払うことができ、また健康を維持するための薬を飲むことができる。NAAが保健社会省と協力して、5年間のプログラム中に様々な職業スキルを教える」とKunthy氏はコメントしました。

AHFカンボジアのエグゼクティブ・ディレクターであるSrey Vanthoun氏は「HIV患者と働いてきた長年の経験があるため、彼の組織は5年計画の草案を提出する。我々は、HIV感染者を支援するために当局と協力し続け、政府も協力することによって戦略プログラムを策定するのを助ける。AHFはこれまでカンボジアで3万人以上のHIV感染者を支援してきた」と述べました。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。