5,500万ドルのウォーターパーク オープン

8月17日、プノンペンから約15㎞のチロイチャンバー地区プレックタック村(※1)に位置するGarden City Water Parkはカンボジアで最大の国際規模ウォーターパークとしてオープンする予定だ。

このウォーターパークは、カンボジアで多くのビジネスを経営するLYP Groupが合計5,500万ドルの投資によって2018年から始まり、LYP Groupが1,000万ドルで手掛けたプノンペン動物園に隣接するthe Garden City内にオープンする。

この会社によると、ウォーターパークは、高さ3mの波がある人工ラグーンや美しい人工滝、ウォータースライダー、子供用の遊び場、サウナなど、多くの魅力的なアトラクションやアクティビティが備わっているのが特徴だ。

観光省の代表人であるTop Sopheak氏は、オープンを歓迎し、ウォーターパークはプノンペンへ国内外からの観光を引き付ける新しい観光商品であると述べた。

「ウォーターパークの開園は観光客にとって新しい観光商品であり、また人々に雇用を提供します。」と彼は言った。

ウォーターパークはイギリスのWhite Water Groupによって建設され、敷地面積は6haである。

 

※1Prek Tasek commune, Chroy Changvar district

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)