暴行容疑の要人、謝罪後に釈放(1月8日)

暴行容疑の要人、謝罪後に釈放(1月8日)

Kampong Cham州裁判所と警察は昨日、カラオケクラブで女性を暴行し、侮辱したとして拘束されていた木材関連事業の要人Von Bunthai氏を釈放するにあたり、異なるコメントを発表しました。

州警察の副署長であるHeng Vuthy氏は昨日、日曜日に警察が事件の書類送検をした後、裁判所がVon Bunthai氏を釈放したと述べました。

「日曜日の夜に法廷外で被害者に謝罪した後、彼は拘束を解かれました。容疑者を拘束または釈放するかどうかを決定する権利は、警察ではなく裁判所だけに与えられます。」と彼は述べました。

しかし、検察官のHuot Vuthy氏は昨日、Bunthai氏が裁判所に送検されたことは一度もないと述べました。

「容疑者は裁判所に送検されなかったので、事件については警察に尋ねてください。」と彼は言いました。

州知事のKuoch Chamroeunはコメントを控えるとともに、警察にコメントを求めました。

Bunthai氏が被害者に訴えられたのは、土曜日の夜にKampong Cham市Veal Vong区のカラオケクラブの一室にて彼女を暴行したためです。

「被害者は、彼は自分の髪を引っ張り、頭を殴って暴言を吐いたと主張しましたが、警察は彼女が被害を被った形跡を確認していません。」と日曜日にVuthy氏は述べました。

出典:Khmer Times