2023年新プノンペン国際空港完成へ

フンセン首相は昨日、2023年に新プノンペン国際空港の完成に伴い、現在のプノンペン国際空港は、国家元首、地方自治体の長、カンボジアの上級指導者、軍の空軍基地として、国内線、民間航空機、外交官や外国の指導者のためにのみ使用されることを発表した。新国際空港は1日あたり20,000人の労働者を雇用を生み出すと述べた。

フンセン首相は、カンボジアは同時に2つの新しい空港(プノンペン国際空港とシェムリアップ国際空港)を建設していると述べた。長距離フライトの訪問者を歓迎するためにプレアシアヌーク国際空港も改築し、3,200メートルの滑走路が完成した。

新しいプノンペン国際空港は現在30%ほど完成しており、エアバスA380-800とボーイング747-800に対応できるという。このプロジェクトに各国機関から総額15億の投資を受けている。

海外カンボジア投資会社(OCIC)の会長であるプン・ケヘブ氏(Pung Kheav Se)は、新しいプノンペン国際空港は3段階の目標があると述べた。最初のフェーズは2023年までにオープン、その後、2段階目として2030年までに年間3,000万人、3段階目、2050年までに年間5,000万人の乗客を受け入れる空港を目標としている。同社はこれまでに1億2,000万ドルを投資し、空港のコンサルティング、設計、土地の準備、基礎工事に費やしていると述べた。また、建設費は2020年末までに2億800万ドルになると語った。

「現在1,102人の従業員を雇用しているが、建設がフル稼働すると雇用は1日あたり20,000増加する見込みである。今年の7月から、1日あたり150万ドルを費やし、投資資金はすべて地元の財源から得ているため、カンボジア空港投資株式会社は、このプロジェクトから損害を被ることはない」と述べた。

フンセン首相は、「COVID-19は観光と産業に影響を与えたが、カンボジアでのインフラ開発(民間セクターと公共セクターの両方)が阻止されることはありません。将来、プノンペンに新空港が建設され、フル稼働すると、1日あたり2万人の従業員が雇用されるようになるだろう」と述べた。

「私は2023年に1,300万人を受け入れる事ができる、新しいプノンペン国際空港が開港できると強く信じている。新しいプノンペン国際空港が完全に開港すると、カンボジアはより多くの国際的な訪問者と投資家をカンボジアに招くことができるだろう」と語った。

(各種ニュース記事を参考に編集・作成しています。)