2020年の旅行用品の輸出額、10億ドルに達する予想

カンボジアの旅行用品、鞄の輸出額は、今年約10億ドルに達すると予想され、製品を生産する工場の数は101に増加している。
旅行用品、鞄工場および企業向けのベターファクトリーカンボジア(ILO-BFC)プロジェクトの実施に関する会議で、Ith Samheng労働職業訓練大臣は、より多くの雇用機会を提供し、カンボジアの経済発展に貢献する部門の目覚ましい進歩に言及した。
旅行用品や鞄工場の成長に伴い、Samheng氏は、税制上の優遇措置を受けた市場に輸出する際の購入注文に対するインセンティブなどの特典を得るために、メンバーとして登録することによりILO-BFCプロジェクトを実施するよう呼びかけている。

輸出に関しては、カンボジアの旅行用品、鞄の最大の市場は米国であり、これは総輸出の80%にものぼる。
2016年以降、ハンドバッグ、バックパック、スーツケースなどの旅行用品が一般特恵関税制度(GSP)に基づいて米国への免税が許可されたため、カンボジアからの米国市場への輸出は増加を続けている。
2016年7月にGSPの恩恵を受ける前は、カンボジアの旅行商品の輸出額はわずか5,000万ドルであった。
米国国勢調査局の公式統計によると、2020年の最初の8か月で、カンボジアの米国市場への総輸出額は40億ドルに達し、昨年の同時期から22%増加している。
(各種ニュース記事を参考に編集・作成しています。)