2016年に施工された労働組合法により労働争議減少 (6月4日)

 2016年に施工された 労働組合法 により労働争議減少(6月4日)

労働省と仲裁委員会財団(ACF)は、2017年の労働争議事件の急激な減少が2016年に制定された 労働組合法 に起因すると述べています。

土曜日、ACFは各業界への効果的なガバナンスを促進する全国会議を開催しました。

15年間にわたり、評議会は100万人の衣類労働者を伴う合計2,650件の労働争議を受けたと報告しています。報告書によると、労働争議の75%が解決されています。

2017年には50件しか報告されておらず、2015年に338件、2016年に248件と年々減少しています。

ACFはまた、争議の87%が衣服製造業および観光業に関連していると述べています。

労働省の国務院秘書官 Mam Vannak氏は、この争議の減少は2016年に制定された 労働組合法 に起因する可能性があると述べています。

「 労働組合法 が制定されて以来、雇用主と従業員は解決策を見つける上で、以前に比べてより協力的になったように見える」と述べています。

「議会に送られる労働争議の数は減少している。これは喜ばしいことであり、悩みの種が解決された」

ACFのエグゼクティブ・ディレクターのMen Nimmith氏は、同評議会は数百件の問題を受けていたと述べています。

「労働争議の件数が減少しても、懸念は残っており、すべての労使争議が平和的に解決されることを願っている」と同氏は話しています。

YakJinCambodiaの工場長であるSrey Samnang氏は、新しい法律が施行された後、両サイドが交渉する意思があるようだと述べています。

「いくつかの事件については、雇用主と従業員が問題を議会に提出する前にまず議論するための土俵にお互いに立つことが大切である」と同氏は語っています。

クメール青年連合のBai Sophea副総裁は、争議の数が減少したにもかかわらず、さまざまな分野で未解決のまま残っているものが多いと述べています。

「ACFでの争議件数は減少したが、争議は起こっていないということではない」と同氏は述べています。

「さまざまな分野でまだ多くの争議がありますが、ほとんどが解決されています。

フン・セン大統領は2月、現行の仕組みが十分であるため、争議解決のために労働裁判所を必要としないと発表しました。

彼は、現在の規制が労務省の仲介人に加えて雇用主と労働者を和解させると述べています。

フン・セン氏はまた、労働問題に取り組むため、特別に裁判所が作られた場合一方に有利な結果になりかねない、と語ります。ただし、評議会は当然両当事者が納得するような解決策を模索することを目標としています。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。