200 kgの薬物を押収

プレアヴィヒア州警察は2日に、200kgのメタンフェタミンで逮捕した2人の麻薬密売人を法廷に送検した。

国家警察副長官のMok Chito氏は、麻薬取締官とプレアヴィヒア州警察が協力して、薬物を第三者に輸送中のところを逮捕したと発表した。

「私たちは彼らのネットワークを調査しており、容疑者はカンボジア人です。彼らは200kgの薬をラオスから海路で輸入していました。彼らは古い仲間であり、当局は長い間彼らを探していました」とMok Chito氏は述べた。プレヴィヒア州裁判所の広報担当者Chum Kaniya氏は2日に、容疑者はまだ疑われていると語った。

内務省の報告書によると、麻薬の生産と売買は増加しており、麻薬課長は麻薬禁止をより強化している。「カンボジアは水路、空路および郵便サービス通じた麻薬密輸の流れによって脅かされています。」と述べた。

警察は今年、6,169件の麻薬事件を捜査し、12,274人を逮捕した。報告によると、押収された品目には、ハードドラッグ290kg以上、マリファナ250kg以上、車両76台、オートバイ1,529台、電話4,291台、体重計276台、および武器33個が含まれていた。

裁判所は31日、国境を越えてベトナムで麻薬を売買したカンボジアの女性に死刑判決を下した。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)