2つの法案を閣議決定

首相の側近の大臣で王立政府広報担当である Phay Siphan氏によると、5日の朝、2つの草案が内閣によって承認された。

この承認は、フン・セン大統領が議長を務め毎週開かれる内閣本会議の中で行われた。

1つ目の文書は国債に関する法案で、2つ目の文書は非銀行金融サービスの組織と機能に関する法案である。

国債に関する法案は、カンボジア政府が経済的、社会的発展のために民間部門から国内外両方の資金を動員するための重要な金融ツールである。

また、公的債務管理の持​​続可能性を確保すると同時に、透明性、説明責任、効率的かつ効果的な方法での有価証券の発券、取引、セキュリティ管理の枠組みを提供することを目的としている。

非銀行金融サービスの組織と機能に関する法案は、保険、民間年金、債券部門、社会保障、受託業界、会計および監査を含む非銀行金融部門の管理と制御のメカニズムを統合することを目的としている。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)