165年の禁固刑を宣告された女性(7/6)

Ang Vong Vathana法務大臣は昨日、有罪判決により165年の懲役刑を宣告された女性が、彼女の判決をまとめる可能性があると述べました。

夫の命を奪い強盗を含む複数の有罪判決で刑務所に入っているPech Sonet氏は、最初に刑務所に入ったときに3ヶ月の妊娠をしていました。

火曜日にカンボジア人権委員会は、子供をカンダル州のSa’ang地区にあるNGO法人のDéveloppementEnfance Cambodgeの保護下に置きました。

昨日の国会で司法改革について話している間に、Vathana氏は、彼女が現在3年以上拘禁されていることに注目して、Sonet氏の事件について話しました。

裁判所は彼女の訴訟をまとめ、、Sonet女史は彼女の全文を執行することはおそらくないだろうと指摘しました。

「女性は高等裁判所に上訴することができ、評決が下されると、重罪についての判決が執行されるでしょう。また、彼女は9つの評決に対して165年の刑を宣告されました。」とVong Vathana氏は述べています。 「私は訴訟を調査しました。各訴訟の処罰は約18年でした。それで、9つの評決からの合計は160年以上になります。」と付け加えました。

Vathana氏は、彼女が数ヶ月にわたって8から9か所で犯罪を犯したと説明しました。

Vong Vathana氏は、彼女が刑務所にいる間に息子を出産させ、法律で定められているように、彼が3歳になるまでその少年の世話をすることを許されたと述べました。

同大臣によると、現在、全国で32,087人の人々が裁判前の拘留中の人々を含めて刑務所に入っています。

そのうち2,885人が女性で、うち33人が妊娠中、114人が3歳未満の子供を連れています。

 

出典:クメール・タイムズ