11月に再開する学校(5/14)

火曜日に教育大臣のHang Chuon NaronはHun Sen首相に新しい学年が始まる11月まで学校全体の再開を延期するよう要請する手紙を送りました。

Chuon Naron は彼の書簡の中で、新しいコロナウイルスが地域社会に蔓延するのを回避し、Covid-19感染の第2波を防ぐために延期が適切であると述べました。

水曜日の時点で、合計122人のCovid-19患者のうち1人だけが入院していました。

Chuon Naron氏は、同省はカンボジアのCovid-19の状況、特に世界中の教育への影響を注意深く監視していると語りました。

この手紙は、カンボジアの高等教育協会と州立大学の代表が今月の第4週または可能な限り早い日に学術の再開を要求した後に出されました。この要請は、保健省が率いる省庁間会議で行われました。

「教育、青少年、スポーツ省は経済問題(Covid-19が原因)と学校の再開を無視していません。私たちはこれを段階的に取り組んでおり、適切な時期に試験の準備をしている大学、12年生、9年生の学業再開に焦点を当てています。」

「厚労省は11月1日の新しい学年の再開の前に学校の再開をもう一度調査するでしょう。」と彼は言いました。

カンボジアでは感染数は比較的少ないにもかかわらず、Covid-19は依然として世界中に広がっており、昨年末の最初の発生以来、少なくとも400万人が感染し、286,000人以上が死亡しています。

東南アジアだけでも、6万人近くがこの病気にかかっており、約2,000人が命を落としていると語りました。

Chuon Naron氏は、世界は伝染病と戦うための効果的なワクチンと薬を生産しようと努力しているため、カンボジアだけ一時的な学校の閉鎖を含む予防策を実施しているのではないと述べました。

彼は王国が特定の条件下で学校を再開した他の国に続く準備ができていないと述べました。

厚生省は最近の記者会見で、カンボジアは感染症の第2波を排除することはできず、国民に警戒を続けるよう警告した。

それは、国民が健康の専門家によって推奨された定期的な衛生慣行や社会的距離を守ることを含む予防措置に従わない場合、王国は高リスクになるだろうと述べました。

Chuon Naronは、学校の再開を遅らせたのは政治的および技術的側面の両方からの理由があると述べました。技術的には、教室の生徒数は50〜60人の範囲であり、クラスごとに最大20人を推奨する世界保健機関のガイドラインをはるかに超えています。

学校の再開が早すぎると生徒が危険にさらされ、感染源となる可能性があると彼は警告しました。

「学校を再開した国では、クラスあたりの生徒数は20人に制限されています。したがって、教師は実際の教室と仮設教室で複数の授業に取り組む必要があります。彼らが交代制で働く場合、彼らは追加の給料を受け取る権利があります。したがって、技術的な面では、カンボジアは現在学校を再開できません。」

「世界186カ国のうち、過酷だけが学校の再開を宣言しています。」と彼は言いました。

政治的側面については、政府は他の問題の中でもとりわけ、2023年の総選挙に影響を与える可能性がある感染の第2波のリスクに直面してはならないと述べました。彼はまた政府がおよそ300万人の教育スタッフと学生の幸福を優先する必要があると言いました。

114の学校が登録しているカンボジアの高等教育協会の会長であるHeng Vanda氏は、民間の教育機関が直面する課題を考えると、この遅延は良い選択肢ではないと述べました。彼は学校が家賃と銀行ローンを払う必要があると言いました。

「家賃の支払いは一つです。しかし、電気料金は私たちが余裕がない人にはもう一つの大きな問題です。現在、教育機関は依然として職員に給与を支払っていますが、それが可能になるのはあと数か月だけです。それ以上の余裕はありません。」

「閉鎖を継続すると、Covid 19からではなく、経済的制約に直面するでしょう。」

(出典:The Phnom Phen Post)