2018年アンコールワット観光客は260万人(1月2日)

2018年アンコールワット観光客は260万人(1月2日)

1月2日(火曜日)に発表された国営アンコールエンタープライズの声明によると、2018年、アンコールワットには約260万人の海外からの観光客が訪れ、1億ドル以上の収入を生み出しました。

来場者数は前年同期比で5.45%増の259万人となり、チケット販売による収入が8%増の11,664万ドルとなりました。
しかし、12月の売上高は1.59%減の約1211万ドルで、訪問者数は0.16%増の267,647人でした。
アンコールワットは観光客招致のための重要な資産であり、国の収入の大きな資金源である、とNgov Seng Kakシェムアップ観光局長は語りました。
カンボジア観光産業はアンコールワットを始めとする寺院が大きな目玉であり、観光事業者はより多くの観光客を招致するために本セクターにより注力していくべきでと同士は述べます。

カンボジアは昨年の最初の10ヶ月間に、482万人を超える国際観光客を迎えましたが、2017年には560万人が王国を訪れました。
観光省のデータによると、中国の観光客が最も多く、ベトナム、ラオス、タイ、韓国の観光客が続いています。
政府は来年、700万人の訪問者がカンボジアを訪れると予測しています。

出典:Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。