2018年、ワークパーミット発行数が前年比2倍以上(9月28日)

2018年、ワークパーミット発行数が前年比2倍以上(9月28日)

カンボジアのワークパーミット発行数は、今年は昨年の2倍以上になりました。この増加の主な要因は、増加が著しい中国人労働者の多くが取得したためです。
内務省の総務課によると、今年1月から8月にかけて、ワークパーミット申請者数は昨年57000人に比較して118,280人に達しました。
Kem Sarin局長は、新たに発行されたワークパーミットにより、政府の収入増加は確実だと述べました。彼は合法的に外国人がカンボジアで働くためのワークパーミット取得の手数料は政府に直接行くと語りました。
しかし、まだまだワークパーミットなしで就労している外国人も多くいると同氏は述べました。

「依然として要件を満たしていない多くの外国人がいる。多くのカジノが運営されている国境地域では、義務を免れた多くの外国人がいる」と同氏は話します。

同氏は、 今後は頻繁に検査部門を外国人労働者が就労する企業や企業に派遣し、ワークパーミットを確認すると述べました。
この部門のデータは、労働許可証を発行した118,280人の外国人の国籍を開示しませんでした。
カンボジアの労働法を遵守するために、外国企業も外国人労働者に手数料を払わなければならない、と彼は言いました。
カンボジアに滞在して働く外国人の数が増加する中、とりわけ中国人の数は過去2年間に王国で急速に増加しているように見えます。

中国の流入

Sok Phal国務長官は、カンボジアに住む中国人の数は昨年の2倍以上の21万人に増加したと語りました。
「この数字のうち、Preah Sihanouk州には78,000人以上が住んでいますが、約2万人しか労働許可証を持っていません」と彼は今月、語りました。
Chan Sophal政策研究センター所長は、外国人労働者に対する法律が効果的に実施されれば、現在の中国人の数から考えると、毎年約6,000万ドルを生み出す可能性があると見積もりました。
Sok Phal氏は、カンボジアで働く外国人が必要とする、ビザ、労働許可証、長期滞在許可証などの基本的な種類の許可証を計算することで、6000万ドルの酒丹生になるだろうと語りました。
6000万ドルの収入見込は、2018年半期のアンコールワットのチケット売り上げ収入とほぼ同じです。
公園を管理しているアンコール・エンタープライズの人物によると、今年の最初の6ヶ月間に王国の観光名所の訪問者数は約140万人に達し、6,147万ドルとなりました。

出典:The Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。