1-3月、米国への 輸出 総額、昨年同期間比25%増加(5月19日)

1-3月、米国への 輸出 総額、昨年同期間比25%増加(5月19日)

カンボジアから米国への 輸出 は、米国が3月に特恵関税制度を更新した後、旅行関連商品出荷の大幅増加により、最初の3ヶ月間で急激に上昇しました。

商務省のスポークスマンは、カンボジア国民救済党(CNRP)の解体に伴う最近のカンボジアと米国の政治的緊張が、米国との貿易関係には影響していないと語りました。

米国貿易代表部によれば、カンボジアの 輸出 額は第1四半期に9億3000万ドル、2017年の同期間の7億1900万ドルから25.5%以上、増加しました。

カンボジアが2016年に米国のGSPプログラムに基づいて旅行関連商品の輸出に免税特恵を付与された後、旅行関連商品は多数の投資家を集めたことが成長の要因である、と広報担当者 Seanh Thay氏は述べました。

「米国との旅行関連商品に関するGSPを取得して以来、この業界への多くの投資が行われている」と述べました。そして、輸出の大幅な成長のもう一つの大きな要因は、「投資家が、カンボジアという国が非常に安定していると理解していることである。」と語りました。

Thay氏は、衣服および履物製品は安定していると付け加えた。

ドナルド・トランプ米国大統領は、3月、発展途上国の免税特恵を許可することにより、発展途上国の経済成長を促進するために設立されたGSPプログラムの延長を記した連邦歳入法(Consolidated Appropriations Act)に署名しました。延長は2020年12月終了予定です。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。