首相による新たな地政学的緊張と世界への影響に関する見解

フン・セン首相は、新たな地政学的緊張と世界への影響について個人的な見解を述べた。

首相は、9月26日に開催された一般討論会(第75回国連総会)の声明の中で、「1945年に構築された国際秩序から生まれた近代における最長の安定と繁栄の時代は、その根底にある基本的な価値観や国際法の中核的な原則が無視され、もはや尊重されていないために深く揺らいでいます。」と述べた。

また、弱小国に対する一国主義や武力行使の傾向が強まっており、国際秩序や多国間主義が損なわれていると語った。

「実際に、今日では国際軍備管理体制の劣化と核リスクの大幅な増大が指摘されています。また、教義上の軍事的・政治的な方針が、自分たちの優位性を維持するための手段として戦争をするという考え方へと驚くべき変化を遂げていますが、これは容認できない行為です。

例えば、世界的公約が一方的に破棄され、国際機関に対して暴力的な打撃が加えられることで、一方的な制裁やその他の高姿勢な政治的、経済的、財政的措置が恣意的に行われ、理性の声は抑制される。その全ての原因は最強国が自分たちの利益を何よりも支持するからです。」と強調した。

さらに、干渉権の乱用が行われており、それは国連憲章の基本原則の一つである民族の自決権と国民主権を覆すほどになっている、と付け加えた。

「現在の国際秩序への損害は、大きな懸念材料です。また、カンボジアはかつての冷戦下の紛争、イデオロギー的な対立、国家主義者の狂信に巻き込まれ、非常に高い代償を払ったため、いわゆる新冷戦の可能性も大きな心配事となっています。したがって、悲劇的な歴史が繰り返されることを許すような試みは断固拒否しなければなりません。」と述べた。

首相は、他国の主権の尊重と平和的共存に基づく新しい世界秩序を確保するために超大国と中大国が協力して取り組むのと同様に、世界の平和と地球の存続を脅かすことをやめられるのは最強国次第だ、と強調した。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。