首相、今年は1.9%の経済縮小を予想

フン・セン首相(Hun Sen)は近頃、新型コロナウイルスのために今年のカンボジア経済が1.9%縮小すると予想している。2021〜2023年の予算計画の最中、カンボジアは貿易相手からの需要が大きな落ち込みを見せると述べた。この国の成長は衣料品や履物の輸出、観光業、建設業や不動産業、そして農業に強く依存している。しかしながら、衣料品や履物の輸出や観光業は新型コロナウイルスの発生によりとても深刻な打撃を受けた。

首相は、グローバル経済と外国からの需要が少しずつ回復することにより、2021年にはカンボジア経済は3.5%の回復を見せると依然として楽観的である。国際的原油価格の計画的引き上げで今年はインフレ率が2.8%と対処できるレベルで、来年には3.1%とわずかに上昇すると予想している。

世界銀行は5月下旬の最新の報告で、カンボジアの経済は1~2.9%の間で縮小するだろうと説明する。またこれは1994年以来最も緩やかなペースである。一方で、格付け会社のムーディーズ(Moody’s)は先月、東南アジアの経済は2020年に0.3%そして来年には6%成長すると予想している。

(各種ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)