電子通貨導入へ

2020年初めにカンボジア中央銀行が急速な技術開始を示した報告の後、カンボジアは電子通貨の導入を未だに控えている。

Bakongは、7月にテスト運用を行っており、この第3四半期のうちに運用開始する予定だ、と銀行総監督であるChea Serey氏は7月終わりにThe Phnom Penh Postの中で述べた。つまり9月30日には国内で電子通貨が普及するということになる。

このシステムは、カンボジア銀行システムの中で相手の番号を追跡することで安全性を保障するという。

「Bakongは、どの銀行を使おうとエンドユーザーが利用しやすい形で、同じプラットホーム内において、カンボジア国内の支払いに対する中心的な役割を持ちます。最終的にはこのBakongシステムを使った多国籍間の支払いも期待しています。」

「銀行がBakongに市場シェアを奪われてしまうのではないかと懸念する人もいます。これは部分的には事実で、少なくとも短期間はそうなるでしょう。しかしながら、サービス提供者と利用者の数に関して言えば比較的少なく成長していません。Bakongは最終的に出資者すべてが利益を得られる財務包括環境を作ります。」

中国や日本を含む地域大国でも、電子通貨を利用する独自のデバイスの発展を報道している。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)