電子商取引への課税「e-tax」を カンボジア政府が検討(9月27日)

電子商取引への課税「e-tax」を カンボジア政府が検討(9月27日)

政府は急速に拡大しているデジタル商取引部門を利用して公的資金を増やす方法として、企業のデジタル収入に課税することを検討しています。

いわゆる「e-tax」を策定する計画は、政府の第4次産業革命の準備戦略に沿ったものだ、とAun Pornmonirath副首相兼財務大臣は述べました。

「最新の動向と技術に対応して、政府は世界の他の国々をリードして政策と規制を策定することにした。」

「私たちの目標は、デジタル市場の急速な拡大によってもたらされる収益拡大の機会をつかむこと、テクノロジーの新興企業の開発を促進すること、電子商取引プラットフォームを効率的に管理すること、インターネット技術の結果として発生する可能性のあるリスクを削減することです。 」

同氏は「カンボジアでの電子商取引の発展は速く、カンボジア人は、ほとんどの場合、デジタル経済の到来によってもたらされたテクノロジーやライフスタイルの変化を採用し適応させることができた。しかし、電子商取引から税金を徴収する仕組みはまだ確立していない。我々は今、国家、地域および世界レベルで問題を議論している」と彼は語った。

このような仕組みは現在、開発の第一段階にあると政府が認識し、同部門の規制がその発展を支援し、国際基準に合致することが重要であることを認識している。」と述べました。

出典:Khmer Times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。