雨季の洪水を防ぐために整備される水路

 

プノンペン市のクオン・スレン知事(Khuong Sreng)は19日、ポー・センシェイ地区当局(Por Senchey)と道路に水が溢れ続けると多くの苦情が寄せられたことを受け国道4号の洪水対策について会談した。当面の間、当局は洪水を減らすために人工水路を作る掘削機を現場に配備すると述べた。

同氏によると、この地域は、コンポン州(Kampong Speu)とカンダル州(Kandal)から接続する水路が多数あるため、洪水が発生することで知られている。「当局は、洪水が最も多い地域住民の窮境と移動の緩和を解決する」と述べた。

ポーセンシェイ(Por Senchey)地区に住むトムチャン氏は13日に、夜間の大雨が国道4号に洪水を引き起こし、住民の生活と移動を混乱させたと語った。先週、スレン知事は首都の5つの地区に、雨季に近づいていることに対し、洪水の解決策を見出すように命じた。彼は、市庁舎でミーンシェイ(Meanchey)、ポー・センシェイ(Por Senchey)、セン・ソック(Sen Sok)、カンボール(Kamboul)、およびプレク・ノブ(Prek Pnov)地区の地方自治体と面会を行う。

「プノンペンでは排水システムが非常に重要であり、当局は地元の地域を訪問し、雨季の洪水のリスクを最小限に抑えるために、人工水路、排水路、排水システムの侵入を防ぐ必要がある。」と彼は言った。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)