雇用を創出する新工場

製造会社が新しい生産ラインを発表しコンポンスプー州に1,000人を超える新しい雇用を発表し、カンボジアにさらに多くの外国投資が注入されている。

GCH International Trade Co Ltdは9月第3週に、異なる種類の商品を生産する新しいバッグ製造ラインに約320万ドルを投資すると発表した。同社は、コンポンスプー州コンピセー地域ピチモニー地区チャス村※1に​​設立される予定で、約1,028人の雇用を創出する予定だ。 7月以来、この部門では15万人以上の雇用が失われているため、新しい生産ラインの発表は必要な時期に来ている。

GCH International Tradeだけが新しい製造会社に投資する唯一の会社ではない。

Jin Xinsheng(Cambodia)Co Ltdもまた、紙、詰め物、クッション、カーディガンを生産する新プロジェクトに約500万ドルを投資すると発表した。

この生産ラインはプノンペンの国道4号線に配置される予定で、198人の雇用を創出する。

しかし、カンボジアでの新しい生産ラインの設立に海外からの直接投資が続いているが、創出される雇用の数は失われた雇用のペースに追いついていない。

コロナウイルスのパンデミック発生により、400以上の工場が生産を停止し、多くの人々が失業した。

閉鎖の影響を受けたこれらの労働者の多くは、政府から提供された月額40ドルの補助金を受けている。

 

※1Chas village, Pich Mony commune, Kong Pisey district

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)