隔離施設から逃亡、250USDの罰金

アメリカ系カンボジア人女性は、プノンペンにある隔離施設から逃亡したため約2万5千円の罰金が科せられた。

715日、その女性は、アメリカからカンボジアに到着し、プノンペンのホテルで隔離された。しかし、彼女は保健省の事務所に忍び込んでパスポートを取り戻した後、真夜中に部屋を脱走した。

718日、彼女はコンポンチャムで発見された。保健省は、再び彼女のCOVID-19検査用サンプルをパスツール研究所で検査し、その州のホテルで隔離されている。

722日に入手した書簡によると、彼女は、罰金を科され、また自分の不正行為を認めた。

「私は、コンポンチャムのメコンホテルで隔離される14日間、保健省からの指示を厳守することを約束します。2度と脱走しません。」

※1 the Pasteur Institute

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)