重量オーバーのトラック 橋を崩壊させる(11月12日)

重量オーバーのトラック 橋を崩壊させる(11月12日)

 

Kampong ChhnangのTuek Phos地区の橋は、重量オーバーのトラックが横断した際に崩壊し、直ちに修理を求められています。

地方行政の関係者は「トラックが橋を渡ったときにトウモロコシ製品を積み過ぎていた。ドライバーの38歳・Chhorn Cheda氏が責任を負う。橋の一部が壊れただけで、橋全体は倒壊していない。今、関係者が橋を修理するように手配してる」と言及しました。

また地区の関係者であるKouy Leng氏は「修理中は橋は閉鎖されたままだ。我々は住民に今すぐ横断しないように言いました。代わりに別のルートを見つけてください」とコメントしています。

7月、公共事業省は、122台の過積載トラックが6月に押収され、約57,000ドルの罰金を科すと発表しました。

トラック所有者の大半は罰金を科されましたが、運送会社は免許を取り消されなかったそうです。

同省は罰金による歳入が損傷した道路を修復する代金として十分ではなく、修理が毎年1億8000万ドルかかることを付け加えました。

昨年、重量オーバーのトラックがカンポット州のチョウク地区で倒壊しました。警察はトラックが木材をベトナムに輸送する道中だったと指摘しています。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。