違法鉱業採掘 への規制強化に向けた改正法案可決(6月4日)

 違法鉱業採掘 への規制強化に向けた改正法案可決(6月4日)

土曜日、国会は鉱業分野の規制を強化し、 違法鉱業採掘 の違反者を起訴するために、鉱物資源管理と搾取を規制する法律の改正案を可決しました。

この改正案は、2001年に制定された法律が、法律に違反した鉱業会社の罰則を規定する条項を含んでいないため、このたび改正された、と当局者は述べています。

鉱山省の国務長官であるDith Tina氏は、以前の法律では、鉱石の輸出が禁止されていたが、それに違反した人に対する罰金が含まれていないと述べています。

改正案では、鉱業違反行為を行う鉱夫と鉱業権者は最高12,500ドルの罰金に処せられ、最高5年間の懲役に処されると述べています。

この改正案は、Kratie州の下流の村で13人が死亡した中毒事件をきっかけに、鉱山関係者と環境省はコンプライアンスの推進を行なっており、モンドリキリ州では約30件の金鉱採掘事業が最近閉鎖されました。

村人たちは、金鉱採掘が死亡原因であると主張したが、政府は除草剤を含んだ排水とメタノール漬け米酒による中毒として結論付けました

Funcinpecの議員であるNhep Bunchin氏は、昨日の本会議で、鉱業省に対し、鉱業会社に許可したすべてのライセンスを審査して、規制に準拠していることを確認するよう要求しました。

鉱業省は鉱業リサーチに関するライセンスを持つ全ての会社を見直さなければならないと同氏は語っています。

”以前は鉱業会社に対して、鉱山リサーチに対する契約書を提供していた。そこにはすべての種類の鉱山を見つけたら、たとえ金鉱山を見つけたとしても、それを必ず省に報告しなければならず、都度、必要な免許を取得しなければならない”

同氏は、鉱山のリサーチに関するすべての活動は、法律を遵守するように徹底的に精査されなければならないと付け加えています。

Tina氏は、省庁がすべてのライセンスを精査し、2013年には150以上のライセンスを発行していましたが、昨年は60ライセンスまで削減したと語っています。

2013年には鉱業調査と研究のための156のライセンスがありましたが、2017年には60ライセンスしか残っていません。

Tina氏は「すべてのライセンスを確認します」と言っています。

同氏によると、鉱業のリサーチは6ヶ月しか要さなかったが、採掘作業のためのライセンスの期限は3年間で、2年間を2回延長することができました。

同氏は、「もし、作業中であり、作業に時間が必要であることを明確に文書化すれば、彼らのためにライセンスを延長する」と述べています。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。