運転手殺害 女性が逮捕される(11月2日)

運転手殺害 女性が逮捕される(11月2日)

 

プノンペン裁判所は水曜日、中国人女性に対して、自動車事故によりバイクのライダーを殺害し、同乗者に重傷を負わせたとして、2年の懲役刑と1,000ドルの罰金を命じました。

裁判官のKy Rithy氏は「Sen Sok地区の賃貸住宅に住んでいる建設資材業者のYuan Tang氏(26歳)は、無免許運転をしていたとして、有罪判決を受けた」と述べました。

また彼は、被告は実際には3ヵ月しか服役しない、と指摘しました。

加えてRithy氏は「被告は賠償責任として39,000ドルを支払うよう命じられた。当初彼女には2年間の懲役が課される予定だったが、刑期は3ヶ月に短縮された。裁判所はまた、400万リエル(約1,000ドル)の罰金を科す」と付け加えました。

彼は死んだライダーのBe Sophea David氏(24歳)の親に17,500$を、負傷した同乗者のSarun Piseth氏に21,500$を支払うよう、被告に命じました。

警察の報道によりますと、8月12日の午後11時半頃、被告はTuol Tumpoung地方の244番道路沿いに車を駐車していたそうです。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。