農業部門のウィークエンドマーケット戦略を促進するよう勧告

商務省は関係者に対し、小規模向け包括的市場加速※1(AIMS)プロジェクトのウィークエンドマーケット戦略の一環として、農業部門の生産者が製品の市場を見つけるのを支援するよう要請した。

Pan Sorasak商務大臣が月曜日に、利用可能な農家の生産物を見るためにパイリンとバッタンバン州を訪問した際に電話で伝えられた。

「ウィークエンドマーケットは、市場での農産物の価格を高め、農業貿易と国内外の市場の連携を通じて小規模農家の収入を増やすための商業省の優先戦略です。」と語った。

Sorasak氏によると、COVID-19のパンデミックの中で、作物を植えたり、販売するための動物を飼育したりするよう人々に奨励するなどといった農業部門を活性化するための政府の取り組みは好評である。

しかし、当局はまた、AIMSプロジェクト、特にプロジェクトの一環としてのウィークエンドマーケットへの取り組みをより効果的に実施し、農家が栽培する農産物の販売を促進する必要があるとも加えた。

「市場での野菜、鶏肉、肉の販売は、農家に追加収入をもたらすだけでなく、消費者が生産者と直接つながり、部門内にバリューチェーンを構築することも可能にします。」

「将来的には、すべての農家が成功した業者になることを望んでいます。より多くの農家と市場を結びつけることは、より多くの利益とより高い安全性を意味します。それがプロジェクトの主な目的です。」と付け加えた。

商業省によると、ウィークエンドマーケット戦略は現在全国12州で実施されており、3月9日にシェムリアップ州で初めて開催された。

ウィークエンドマーケット戦略は近い将来、他の州や首都にも拡大されるという。

 

※1 the Accelerating Inclusive Markets for Smallholders

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)