農業企業への追加サポート

クメールエンタープライズ(KE)とオーストラリア政府のプログラムは、カンボジアの農業加工産業の発展を支援している。

経済財務省の一部であるKEは、カンボジア-オーストラリア農業バリューチェーンプログラム(CAVAC)と提携し、カンボジアの農業部門の回復と競争力の向上を目指す。彼らは、第二次クメールエンタープライズ支援パッケージプログラムとして知られているものを通じて、適格な農産物加工中小企業(SME)や、スタートアップに資金援助を提供している。

カンボジアの起業家や多くの起業家が直面しているCOVID-19によって引き起こされる困難に対応するために、クメールエンタープライズを通じて経済財政省がプログラムを作成した。

これは、カンボジアの中小企業と新興企業が現在直面している課題への戦略的対応であり、需要と供給の劇的な変化を安定させ、中小企業と新興企業の支援に貢献することを目的としている。

支援パッケージプログラムは、4段階で実行されます。第1段階では、KEがソーシャルメディア、ネットワーク、ニュースプラットフォームを通じてプログラムの開始を発表する。第2段階では、KEは標準化された採点基準を開始する。

第3段階では、KEは、ビジネスの専門家、ベンチャーキャピタリスト、投資家で構成された裁判官のパネルの前に、最終候補者を招待してプレゼンテーションを行う。

第4段階では、クメールエンタープライズは、新興企業や中小企業がビジネス、製品、サービスを宣伝するのを支援するプログラムから支援パッケージを受け取る合格者を発表する。

カンボジアの農産物加工部門を支援するという同じ使命の下で、KEはCAVACと協力するためのパートナーシップ契約を結んでいる。 KE支援パッケージの実行段階では、CAVACは評価委員会として第3段階に参加する。

この取り決めを通じて、CAVACは、その目的を満たす任意の最終候補者に追加資金を提供することができる。 KEは、経済財務省の一部門として、カンボジアで起業家活動を促進するための全国的なプラットフォームになるというビジョンを持っている。

KEの最高経営責任者であるChhieng Vanmunin氏は、KEとCAVACは、農業部門、特に国内の農産物加工に取り組み、促進するという同じ野心と目的を持っていると述べた。

「クメールエンタープライズは、困難な時期に第二次のクメールエンタープライズ支援パッケージを通じて、カンボジアの新興企業や中小企業を支援することに参加するために、CAVACからの積極的な主導権を歓迎しています。」また、KEは、他の多くの組織がそのプラットフォームを媒体として使用し、KEパートナーになることで独自の目標を達成できることを望んでいると付け加えた。

KEは、支援パッケージプログラムを通じた救済基金が、このような困難な時期に新興企業や中小企業がビジネスを運営するのに役立つことを確信している。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)