路上店の経営禁止と消毒を売る人々(5/16)

エンターテインメントクラブとKTVは保健省の指示の下で閉鎖されたままですが、当局は、多くの人々が集まることがある道路沿いの路上店の経営を地元住民に禁止するのに苦労していると言います。

今週、省当局は、Covid-19防止に関するすべての指令が、ウイルスの潜在的な第2波を防止するために依然として有効であることを確認しました。

当局は、人々が娯楽クラブ、KTV、宗教儀式、結婚式に集まり続けた国々がパンデミックの影響を最も受けたと述べた。

プノンペンのチャクアングレクロムコミューンの警察署長、ヴスフォサラヴォアンは木曜日、ポストに6つの娯楽施設が閉鎖されたままであると語った。

しかし、大規模な集まりがまだ存在する一方で、必死に収入を必要とする地元の人々が路上でアルコールを販売していることを認めた。

「彼らはまだ密かにビジネスを営んでいますが、彼らの生活状態は良くありません。彼らはただ歩道に沿ってテーブルとベッドを置いただけで、生き残るためにそれをやったと私たちに言った」とフォサラヴォアンは言った。

「彼らが製品の販売を禁止されている場合、彼らは他に何をすべきか分かりません。」と述べた。

フォサラヴォアンは続けた。「正直に言うと、私たちは共感を持っています。私たちは時々目をそらさなければなりません。しかし、集まりが大きくなると、私たちはそれらを止めるか、お互いに安全な距離を保つように彼らに言わなければなりません。

「また、顧客の出身地も尋ねます。彼らがその場所の労働者だけであれば、私たちは彼らに座って食べることを許可します。しかし、私たちは他の場所の人々には非常に注意を払っています」と彼は言った。

Boeung Kak Iコミューンの責任者であるVith Darithは、政府の指示に従い、コミューンのすべての結婚パーティーはキャンセルされたと語った。

彼は当局がトゥクトゥクと大規模な集会所にウイルス防止情報を広めたと言いました。

彼らはまた、病気の蔓延を防ぐのを助けるために貧しい村にマスクを配布しました。

彼のコミューンのすべての家族は、常に警戒し、外出するときや市場に行くときはマスクを着用するように言われたと言いました。

居住者はまた、頻繁に手を洗い、食品を消費する前によく調理する必要があります。

「少数の人々は、私たちの国のCovid-19はもう1人しか残っていないので、我が国のCovid-19はほとんど終わったと思っています。

「彼らはそれが戻ってくることはないと思っているので、彼らは不注意になります。ただし、常に警戒するようにアドバイスしています。彼らは大きなグループに集まっているわけではありませんが、旅行中はマスクを着用していません。

カンボジア保健運動は木曜日、国が感染症の第2波を防止しようとしている間、政府があらゆる形態のアルコールの販売と宣伝を禁止するよう要求した。

組織によると、アルコールの広告は薬物使用の急増を助長し、飲酒者は消毒剤で手を洗ったり、フェイスマスクを着用するなどの予防技術を実践しない傾向にあるとのことです。

組織は、アルコールを消費する人々は大規模なグループになる傾向があるため、同省のガイドラインに従っていないと述べました。

また、アルコールの使用は免疫系を弱め、伝染病と闘う身体の能力を低下させると述べました。

(出典:The phnom penh post)

ビザ取得代行