警視庁は20人の警察官を解雇(6/21)

警察によると、警視庁の警官は活発的ではなく、欠勤していたことが判明した後に、20人の地方自治体の警察官を解任しました。

Sar Kheng内務大臣によると、解雇した20人は国家警察の要請で解雇されました。

Kheng氏は「彼らは20198月から給与と追加のボーナスを受け取ることはありません。すべての関連部署はこの指令に従わなければなりません。」と述べました。

警察当局のスポークスマンによると、中尉は個人の利益のために公務を行わずに休んでいたと述べました。

我々は彼らが毎月銀行やATMで給料を受け取っている姿を発見したが、彼らはめったにオフィスには現れませんでした。

Lt Gen Kim Khoeun氏は「公務員法に従って公の透明性を確保するために、我々は彼らを解任しなければいけませんでした。」と付け加えました。

同氏は、20人の警官が以前に何度も教育を受け、行政規律に直面していたと述べたが、彼らは変わっていないと述べました。

Kim Khoeun Lt Gen氏は、彼らが職務を遂行していなかったか、または仕事に欠けていたと判断した場合、国家警察は年間に何百人もの警官を解雇したと述べました。

 

出典:クメール・タイムズ