警察新年の安全保障について話し合う(4/12)

411日木曜日、王国各地から約100人の警察官がプロンプトの国家警察総揮発者にまとめ、次のメール新年の治安計画について話し合いをしました。

会議中に、国家警察署長のNeth Savoeun氏は、それの地域で治安と公の秩序を厳密に維持し、年末に始まる発生する命題的な交通事故、火災、その他の犯罪を含む悲劇を防ぐような役人に指示を出した、首都や他の州にも予備部隊を用意しなければなりません。これと同様に、私たちはイベントに事件に介入するために待機している力を持って必要があり、交通事故については、、、、、 [命命率が高い]ということがカンボジアへの激し​​い打撃であるため、法を実施する必要があります。

2時間の会議の後、国家警察の代弁者Chhay Kim Khoeun氏は、委員会の指導者たちが新年の間に取るべきかの措置を打ち出したと記者団に語りました。

第一に、交通警察は法律を執行し、法的制限に違反して人や物が過負荷にならないように運転手を教育し、過速度監視を強化し、飲酒運転の疑いのある運転手を確認します。

第二に、関係当局は社会保障措置を強化し、新年の間に爆発的な装置を用いて乱流を引き起こすことを含むあらゆう形で悪意のある個人が混乱を引き起こすことを防ぐために用いられるあることです。

第三に、当局は、パゴダや新年の歓喜者が多く訪れるその他のアトラクションを含むすべての公共の場所でセキュリティを維持する義務があります。

第四に、当局は、すべての自治体および州の警察署で介入部隊を準備し、適時の介入を確保するために部隊を巡回的に待機させる必要があります。

交通安全の専門家であるKong Sovann氏は、特に新年の間、交通事故が当局として最大の関心事であると語り、当局が法律を実施すると交通事故が減少するだろうと言ってました。

「特に新年の間法律が厳格に執行されるならば、我々は証拠的な結果を見ることができる。事故による死傷者は、速度超過や飲酒運転に起因する。その為の防止対策として全国に捜査官を派遣することは、とても良い対策だ。」と彼は言いました。

出典:クマー・タイムズ