解雇された元警備員達、米国大使館前で抗議(6月20日)

解雇された元警備員達、米国大使館前で抗議(6月20日)

火曜日の朝、米国大使館に解雇された数十人もの元警備員たちが集まりプノンペンにある米国大使館の前で、”私たちの職は奪われた”と抗議しました。

この抗議は、3ヶ月前に米国大使館が32人の警備員たちを解雇したことが発端です。解雇の理由は元警備員たちがFacebook Messengerのチャットグループで児童ポルノのコンテンツを共有していたことです。

彼らは火曜日に午前8時から午前11時まで、大使館の正面入り口に警察が駐在する大使館の前に集まりました。彼らはカンボジアのフンセン首相と米国のドナルド・トランプ大統領の肖像画を掲げて旗を掲げていました。

抗議者の一人は、「米国はカンボジアの労働法と米国大使館の2016ハンドブックを尊重するべきだ」と述べました。

この嘆願書は火曜日に米国大使館の職員に届けられたが、解決することはなかった、と抗議者の代表は述べていました。

抗議者はまた、米国大使館に6ヶ月の退職金を支払うことを要求しました。

出典:Khmer Times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。