複数の州を襲った洪水

豪雨によりいくつかの州で洪水が発生し、水位が上昇し続けているため一時的に旅行を禁止すると当局は緊急事態を発表した。

国家防災委員会※1は21日、過去数日間の台風ヌールの影響により、プレアシアヌーク、プサット、オダーメアンチェイ、ココン、パイリンの各州に壊滅的な洪水が発生したと述べた。

報告書によると、雷で8人、洪水で3人、少なくとも11人が死亡し、1,825戸の家屋と312ヘクタールの作物が浸水し、475人が高台に避難したという。

プサット州水資源気象局は21日声明を発表し、州で起こり得る洪水に注意する必要があると述べた。

「プサット州水資源気象局は、カルダモン山脈からの大雨と、スタントム川とスタンアレ川から溢れる水が州全体で洪水を引き起こす可能性があることを、水と気象条件を監視した後に通知したいと思います。」

州のプノンクラヴァン地区にある木造のコンポンルベア橋が20日に崩壊したことを報じ、州知事であるMao Thonin氏は、橋の状態を検査し、地元の人々の通行を緩和するために役人を率いた。

パイリン州も過去数日間の洪水で最も大きな被害を受け、40戸の家屋、200メートルの運河、500メートルの道路が損傷した。

パイリン州知事であるPhan Chanthul氏は21日、地元メディアの1つに洪水と暴風雨がサラクラオ地区の80世帯を超える家族に影響を与えたと語った。

また、洪水により、ジャガイモ、豆、きゅうり、その他の作物など、地域の5つの村の農園も浸水したと述べた。

彼は、タイからの移民夫婦が19日に、パイリン州サラクラオ地区とタイにまたがる洪水が起きた小川を渡ろうとして溺死したと語った。

パイリン州政府によると、2人の犠牲者は他の9人の移民労働者と一緒に大きな鋼鉄製の洗濯桶に乗っていたが、渦流のために2人は桶から落ち、他の9人は小川を渡ることができたと述べた。

その間、オダーメアンチェイ州のアンロンベン地区の当局も、浸水したタモク橋に沿って一時的に通行を禁止した。

NCDMの代表者であるKhun Sokha氏は、21日の予測に基づいて、洪水がいくつかの地域で後退し始めていると述べた。

※1The National Committee for Disaster Management

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)