落雷 で一名が死亡、二名が負傷(6月5日)

 落雷 で一名が死亡、二名が負傷(6月5日)

日曜日の午後、Oddar Meanchey州のSamrong市で 落雷 が発生、トラクターに乗っていた、男性一命が死亡、男の子二名が負傷しました。

Kon Kratieコミューンの警察長官Phat Kim氏は男の子2名が負傷して病院に搬送、男性一名は現場で即死したと述べました。

「 落雷 により、その場で男性一名が即死、2人が負傷して病院に送られた」と彼は語りました。彼らは全員水田から帰ってきたトラクターに乗っていた。

「 落雷 事故を事前に避けるのは難しい」と付け加えた。我々は事前に何が起こるのか分からなく、予測不可能だ。私たちができることは、電話を切って木の下にいないよう村人に指示することだけです。”

コミューンの長Leung Noch氏は、男の子二名が事故からうまく回復しているが、聴覚障害を起こしたと語りました。

2人は今、快方に向かっており、重傷には至りませんでしたが、 落雷 に近かったため、全身に麻痺や聴力問題を抱えてしまいました」と述べています。

「事故の原因を結論づけるのは難しい」と付け加えました。”我々が知っているように、近くに背の高い木があると、雷が発生する可能性があります。しかし、今回は周りには木がなく、 落雷 発生時はわずかにしか雨が降っていませんでした。”

当局は、このような致命的な事故を避けるために、暴風雨時に適切に避難すること、人々に慎重に行動することの教育に教育に最善を尽くした、と同氏は付け加えています。

全国災害管理委員会によると、今年の最初の5カ月間で暴風雨により70人近くが負傷し、70人以上が負傷、そのうち65名が落雷による死者です。

水資源・気象省は、少なくとも68日までカンボジアは暴風雨の影響を受けると述べました。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。