自動車所有者の未払い税への対策(3/28)

水曜日の発表によると、租税総局(GDT)は昨年、6,000台以上から車の未払い税として約143万ドルの罰金を徴収したようです。

 

2月1日から3月末まで、GDTは昨年から未払いの税金がある自動車所有者に罰金を科しており、全国の6,320台の自動車から144万ドルを生み出しました。

 

汚職と闘い、透明性を確保するために、2013年以降、GDTは納税者がAcleda BankおよびCanadia Bankで罰金を支払うことを許可し、最近Vattanac BankおよびCambodia Public Bankで支払いを可能にしました。 2月1日までに支払わなかった人には、追加の罰金が適用されます。

 

バイク、救急車、軍用車両、パトカー、農業用車両、大使館用車両、国際機関で使用される車両を除く、すべての車両に道路税が課されます。

 

提携ネットワーク事務局長のSan Chey氏は、農村部の人々の間で情報が不足していることが多くの未払税の原因であると述べました。

 

「市民への情報喚起はまだ十分ではありません。 – 彼らが働いている間彼らはそれを忘れる可能性があります。 GDTは、直接SMSメッセージを送信するなどして、市民をどのように我々と密接に結び付けるかを考え出すべきです」とSan Chey氏は述べました。

 

GDTと公共事業運輸省は、データを共有し、自動車所有者に道路税の警告をするために、協力し合う必要があります。

 

San Chey氏は、罰金を科される車両の数はまだ比較的少なく、特に遠隔地では、多くの車両が道路税を支払っていないと述べました。

 

GDTが租税徴収収入を開示することはめったにありませんが、昨年の総収入で20億ドル以上を徴収したと報告しています。これは2017年同期から13.37パーセント増加しました。

 

GDTの報告書によると、過去5年間で徴税収入は年間平均20%増加し、2014年には10億6,000万ドル、2015年には13億ドル、2016年には15億ドル、そして2017年には19億7000万ドルとなりました。

 

出典:Phnom Penh Post