自分の子供を虐待し、物乞いを強要する父親(12月12日)

自分の子供を虐待し、物乞いを強要する父親(12月12日)

 

Banteay Meanchey地方の警察は日曜日、4歳の息子を拷問し、暴行を加え物乞いを子供に強要させたとして父親を逮捕しました。

陸軍警察官のNak Kimheng州の警察官は昨日、子供に暴行を加えている様子が12月6日にインターネットで公開されていたのを証拠として、父親を逮捕したことを明らかにしました。

Poipet市の軍事警察長官であるNinaro氏は、インターネットで広まった動画をみて警察は逮捕に踏み切ったとコメントしました。

「4歳の男の子が殴られ、虐待され、物乞いしている様子が写っている動画を我々は見た。動画を見た後、我々は地方警察司令官の介入を要請した。承認が下りた後チームに調査を依頼し、Poipetコミューンに住む、36歳の息子の父親を逮捕した」とNinaro氏は言っています。

容疑者は息子を拷問したことを認め、詳しく取り調べるため身柄を軍事警察本部に送られたそうです。

Ninaro氏は、「警察は、同じコミューンに住む64歳の息子のおばあちゃんと一緒に生計を立てれるように米、缶詰の魚、ソースや塩を寄贈した」と発表しました。

陸軍警察官のMen Phirum氏は昨日「容疑者は息子を拷問して、お金がないときに麻薬やアルコールを買うための動機だった。容疑者は暴行罪などで告訴される可能性があり、現在は起訴する為の書類を用意している」とコメントしました。

出典;KHMER TIMES