罰金引き上げによる交通事故者数の減少(5/6)

5月1日に新たな政令による交通罰金引き上げが施行されて以来、交通事故による死亡者数は減少しています。

警察によると、5月1日から4日まで、22件の交通事故により11人が死亡、28人が負傷した。

最も一般的な違反は、スピード違反、違法な追い越し、無謀な方向転換でした。

新しい政令が施行され、それを実施するために3,000人以上の警察職員が集まったため、全国で数千人の運転手に罰金が科されました。

全国交通安全委員会の代表者、Chhuon Von氏は火曜日に死者数の減少を「誇りの瞬間」だとThe Postに語りました。

彼は全国交通安全委員会が交通事故を評価するために毎週会議を開くと言いました。

「より多くの人々が免許を更新して有効であることを確認しているので、彼らは法律に従うことに、より興味がでたと私は信じています。その結果、最近の死亡者数の減少につながったのです。」と彼は言いました。

交通安全研究所所長のKong Ratanakは、継続的な減少は、配置された警察が道路交通を監視することにかかっていると語りました。

「私たちは法執行機関に対し、路上での行動を変えるよう市民を説得することを奨励しています」と彼は言いました。

Ratanak は、当局は、Covid-19パンデミックの際に罰金の強化が追加​​の負担となる市民からの苦情を避けるために、あまり多くの罰金を課すべきではないと述べました。

政府と国民は協力して新しい法律を採用すべきであると彼は言いました。

火曜日の警察官の代表者Chhay Kim Khoeun氏と国家交通安全委員会の書記長 Him Yan氏のコメントは得られませんでした。

国家警察と郵政省は火曜日、新しい交通法に関して、公衆が質問に答える情報ホットラインを確立するために合同会議を開催しました。

ホットラインワーキンググループは、ソーシャルメディア、ラジオ、テレビ、その他のメディア上の人々の質問に対応する責任があります。

(出典:The Phnom Penh Post)