罰金増加による6日間の結果(5/8)

国家警察副長官のChhay Kim Khoeunは、道路交通法の強化から6日間に、9,915台のバイクと2,817台の車両を含む12,732台の車両に違反の罰金を科したと語りました。

Khoeun氏は木曜日に、ヘルメットを着用していない、交通標識を守らない、登録プレートを表示していないなどの違反で、ほとんどのバイクライダーを停止させたと語りました。

多くの運転手は、シートベルトを着用せず、免許を持たず、運転中に電話を使用したことで逮捕されました。警察はこのような違反には、道路交通法を守らせるために罰金が課されていると警察は述べました。

「警察は、法を守らない人々にそれを守るように土曜日または日曜日であるかどうかは関係なく、道路交通法の継続的な施行に取り組んでいます。」とKim Khoeunは言いました。

国家警察は、交通警察を教育して、法律を厳格に、適切に、透明性をもって、差別なしに、そして穏やかな態度で実施するよう努力していると彼は言いました。

全国交通安全委員会は、5月の最初の6日間で、国内で36件の交通事故が発生し、19人が死亡し、39人が軽傷を負い、重傷を負ったと述べました。

警察のウェブサイトでは、同時期にプノンペンで交通事故が減少し、死者はなかったと述べました。ウェブサイトは記録された交通事故の数については言及していません。

「罰金の増加は、生命と財産の安全を確保するために、法律を実施することの重要性を認識せず法律の実施に対して、同意しないまたは、批判した一部の人々を悩ませました。死傷者を減らすために行動した人々が多くいました。」とそのウェブサイトは言いました。

(出典:The Phnom Phen Post)