罰金増加による10日間の成果(更新5/11)

5月1日に新交通法条例が施行されて以来、交通事故は昨年に比べて減少しています。

今年の5月の第1週には、43件の交通事故があり、昨年報告された95件の事故から54%減少しました。

今年の事故の結果として報告された死者は24人で、昨年の5月の第1週に報告された16人の死者で40%減少しました。

土曜日に発行された全国交通安全委員会(NRSC)のプレスリリースは、4月の第4週の交通事故の数は今年22%減少し、去年と同じ期間で交通事故死者の数は31%減少したと述べました。

今年の4月の第4週目には、13,968台の違法車両が発見され、所有者に罰金が科されました。

オートバイと人力車が10,815件を占め、残りの車が3,153件を占めました。

プレスリリースによると、この減少は新しい交通法の布告によるものでした。

NRSCは、一部の交通警察関係者は、運転手に罰金を科す際の失礼な行動について懲戒処分を受けたと述べました。

NRSCによると、ソーシャルメディアに投稿された政令の否定的で専門的でない解釈もありました。

投稿には、人々を混乱させることを意図した誇張されたコンテンツが含まれていたと言っています。

NRSCは、新しい措置は道路上の事故を最小限に抑えるための最良の機会を提供すると述べました。

Sar Kheng内務大臣によるFacebookの土曜日の投稿で、彼は政令に関する建設的なフィードバックを提供するように求めました。

政府は、2020年の事故件数を減らすために交通罰金を3倍から5倍に引き上げた令に期待しています。

政府は、2018年から2019年にけがと死者の数が劇的に急増した後、法案の制定を余儀なくされました。

国家警察副委員長とNRSCの書記長 Him Yanは会議で、道路交通違反にはヘルメットなしでの運転、アルコールの影響下での運転、信号や標識に従わないことを挙げました。

また、違反行為、過剰な人数を乗せた運転、ナンバープレートなしの運転、運転中の電話の使用、免許なしの運転、安全ベルトの着用も含まれていました。

交通安全研究所所長のKong Ratanak氏は、事故の減少に感謝しました。

しかし、ドライバーの行動が実際に変化したのか、警察が道路沿いに配備されたときにのみドライバーが法律に従ったのかを判断するのは難しいと彼は述べました。

「行動が変化したかどうかはわかりません。私は、私たちはもう少し待つ必要があると考えています。しかし、ドライバーの行動を変えることのできる可能性には満足しています。交通安全に長期的な変化をもたらしたいです。」とRatanak 氏は語った。

公共交通省の広報担当官Heang Sotheayuth氏はThe Postに対し、4月7日から5月6日までに17,741の運転免許証が申請され、13,365人の運転手が運転免許試験に申請したとりました。

「運転免許を変更し、運転免許試験を申請するドライバーの数は、統計によると2〜3倍に増加しました。」

(出典:The Phnom Phen Post)